18年5月 堤泰之が代表作を自ら演出!『煙が目にしみる』(加藤健一事務所 Vol. 102)上演のお知らせ

舞台俳優・加藤健一さんがプロデュースする「加藤健一事務所」の第102回公演で、ジグジグ主宰・堤泰之の代表作である 『煙が目にしみる』 が上演されます!(5/3~13, 下北沢・本多劇場/5月後半~7月に全国ツアーあり)。

加藤健一事務所が本作品を上演するのは、00年、02年、05年に続いて4回目とのこと。40年近くにわたって良質なコメディを中心に上演を続けているカトケン事務所ですが、その多くは海外作品です。「わかりやすくて面白いウェルメイド・コメディを求めた結果、たまたま海外モノが続くことが多くなった」と仰る加藤健一さんが、そんな中でも繰り返し上演してきた数少ない日本人作品の一つが、この「煙が目にしみる」です。

13年ぶりの上演となる今回は、初めて堤自身が演出も手がけます。日本中の演劇人に愛され、全国各地で上演され続けている「煙~」ですが、堤が自ら演出するケースは数えるほどしかありません。さらに、今回の舞台に合わせて新たなセリフやシーンも追加されている模様・・・

カトケン ✕ 堤

のコラボがどんな舞台を生み出すのか… 必見の舞台です!

豪華なキャスト陣と合わせて見どころ満載!ぜひおでかけください!

加藤健一事務所 Vol.102
『煙が目にしみる』
原案:鈴置 洋孝
作・演出 : 堤 泰之

2018年5月3日(木祝)~13日(日)
下北沢・本多劇場
※ 5月後半~7月の全国ツアー詳細は こちら

とある田舎町の斎場で偶然出会った、北見栄治(新井康弘)と野々村浩介(天宮良)。
頭には三角の布、手には数珠、全身白ずくめというスタイルの二人。
生まれて初めて(?)の長旅に、良き相棒が見つかった・・・。
ニコニコ手を振る年老いた母(加藤健一)と、満開の桜に見送られて、見知らぬ世界への珍道中へ、いざ、スタート!!!

大ヒットジャズナンバー「煙が目にしみる」に乗せてお贈りする、笑いと涙のフューネラル・コメディ!
生も死も、全てお見通しのおばあちゃんが、大切な事を教えてくれるーーー。

大好評を博した加藤健一のおばあちゃん役はそのままに、キャスト・スタッフを一新!!
これまでとは一味違うカトケン版『煙が目にしみる』に、ご注目下さい!

CAST

加藤健一 山本郁子(文学座) 天宮良

加藤忍 伊東由美子(離風霊船) 佐伯太輔
菊地美香 伊原農(ハイリンド) 久留飛雄己(青年座)
吉田芽吹 照屋実

新井康弘

日程(2018年5月)

3日(木祝) 18時
4日(金祝) 14時
5日(土祝) 14時
6日(日) 14時
7日(月) 14時
8日(火) 14時
9日(水) 14時
10日(木) 14時
11日(金) 19時
12日(土) 14時
13日(日) 14時

前売: 5,400円/当日: 5,940円/高校生以下: 2,700円(学生証提示・当日のみ)

公演情報はこちら(加藤健一事務所ウェブサイト)
チケットはこちら

 


ジグジグの次回公演は・・・

5th zig  『デイドリーム・ビリーバー』
2018年 8月1日(水)~7日(火)

⇩⇩公演詳細・出演者情報はこちら
http://zigzigstrong.com/ (公式サイト)